食育の取り組み

給食は大切なコミュニケーション。
食べる意欲を大切にしています。

給食について

園独自の食育計画をもとに、個々の発達
状況に合わせて給食の提供を行います。

  • 「ごっくん期(初期食)」「もぐもぐ期(中期食)」「かみかみ期(後期食)」「ぱくぱく期(完了食)」に分けて、ご家庭と連携をとりながら、個々に応じた形態での食事の提供を行っています。

  • さまざまな食材や料理を食べて、食体験を増やします。子どもが手に持てる大きさの食器を使用し、適度な重さ(強化磁器)をつけ、食事への取り組み(あいさつ・マナー)を学べるように配慮します。

アレルギーについては、各園にて個別に対応しますので、ご相談ください。

五感を育てる食育を目指します。

各園の取り組み

  • おはなしメニュー

    おはなしメニュー

    絵本と食育を結んだ「おはなしメニュー」を月に1回献立に取り入れています。

  • バイキング給食

    バイキング給食

    子どもたちが集まって、バイキング形式で給食を楽しんでいます。

  • 行事食

    行事食

    季節の行事に関連したメニューを取り入れ、季節の移り変わりや日本の伝統文化・習慣を感じることができます。

  • 日本の郷土料理

    日本の郷土料理

    月に一度、日本の郷土料理や各国の代表料理を献立に取り入れ、日本の文化、他国の文化に触れる機会としています。

  • 栽培活動

    栽培活動

    子どもたち自身が身近な自然に関わりながら野菜を栽培、収穫、調理し食することで、「食」の楽しみと喜びを感じることができます。

メニュー
閉じる

にじのいるか保育園