体験型プログラム

学びの土台となる力を身につけ、
小学校での学習や集団生活をスムーズにします。

小1プロブレムとは 小1プロブレムとは

保育園での「あそびや生活を通した学び」から、小学校での主体的な「学び」へ、なだらかにうつっていけるようにすることが大切にされています。

保育園や幼稚園での生活と、小学校での生活には大きな変化があります。誰でも始めは戸惑うものですが、数ヶ月経ってもその変化にうまく対応できない状況は一般的に「小1プロブレム」と呼ばれています。

東京都の公立小学校の約20%でそのような状況が発生し、そのうち約50%は1年生の間中その状態が継続しています※。

※小1問題・中1ギャップの予防・解決のための「教員加配に関わる効果検証」に関する調査 最終報告書より。H20~24年度調査

小学校生活を楽しくスタートするために 小学校生活を楽しくスタートするために

学校が楽しくない、勉強が面白くない、先生やお友だちと仲良くなれないなど小学校での生活になじめないことには、様々な原因が考えられています。そのなかで、にじのいるか保育園では「きく力」「はなす力」を中心としたコミュニケーション能力の大切さに注目し、年長児向けのプログラムを実施しています。

このプログラムで目指すこと
     
  • 自分のことばで気持ちが言える!
  • 先生やお友だちのお話をよくきける!
  • 授業や学校生活で学ぶことが楽しい!
  • お友だちとのコミュニケーションが
    楽しい!

きく力アクティビティ

きく力アクティビティ

保育園から小学校への生活の変化に対応し、新しい環境で楽しく学び、成長していけるように、にじのいるか保育園では、一社)キャリア教育総合研究所と連携したプログラムを提供しています。
ゲームやクイズなどのあそびやお友だちや先生との楽しいコミュニケーションを通じて、自然と「きく力」「はなす力」が身につく活動を行っています。

きく力アクティビティ

きく力アクティビティ

日常生活では注力せずに過ごしてしまいがちですが、入学前にしっかり土台を作ることでこれからの学校生活や学びに繋がっていきます。

  • クローズユアアイズ

    クローズユアアイズ
    目をとじてお話を楽しむゲーム。目で見たくなってしまう気持ちが強い幼児さん。イメージする力と長く目をとじていることで我慢の力も養います。
  • さかさ言葉

    ことばあそび
    逆さことば、連想ゲーム等ことばを使った一般的なゲームや「〜が□□で○○を××した」のような基本的な文法のルールを使ったゲーム。ことばへの興味やイメージ力を鍛えます。
  • ゴリラのりんご

    おはなしプレゼント
    自分の気持ち、見つけたこと、感じたことを言い合いっこ聴き合いっこします。恥ずかしがりやの子でも話すと楽しい気持ちになれるゲームです。

この力を小学校入学までに
半年~1年間
かけて鍛えることで、
入学後の毎日が楽しく
充実
したものになっていきます。

メニュー
閉じる

にじのいるか保育園