保育目標

一人ひとりの "自己肯定感" を高め、
可能性を広げていく保育

子どもは、興味を持ったことには積極的に取り組むため、興味を持った時が一番成長する時です。興味を持ったことには「知りたい!やりたい!」など意欲を持ち、「どうやったらできるかな?」と自ら考えたり、「こうやってみよう!」と自ら行動したりします。そうした子どもの意欲・創造・行動に対して「すごいね!頑張ったね!」と認めることで、「僕って、私ってすごい!」という自信につながり、子どもの自己肯定感が育っていきます。

  • 体の仕組みや健康の大切さを感じ、
    生きていくための基礎力を培います。

  • 様々な体験を通して
    自ら考え行動するちからを育みます。

  • 集団の中で個と個が
    交わりふれあうことで、
    共感するこころを伸ばします。

メニュー
閉じる

にじのいるか保育園