保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 氷川台

引渡し訓練を行いました!

2019年9月2日

9月1日は防災の日。

関東大震災の起きた日です。

防災の日とは、「政府、地方公共団体等関係諸機関をはじめ、広く国民が

台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備する」

こととし制定された啓発日です。

 

氷川台園は15時50分に警戒宣言発令を想定し

第二避難場所の城北中央公園に避難しました。

引渡しカードの記入やコドモン携帯アプリの提示、迅速なお迎えありがとうございました。

 

子どもたちは「地震です!地震です!先生達の近くに集まって!!」と言うと、

すぐに集まり小さくなり頭を手で覆い守りました。

揺れが収まると、防災頭巾と避難靴を履き、避難をする準備に。

避難をしようと歩き出すと再び揺れ出しました。「地震!避難待って!!」と声を掛け、

揺れが治まってから

 

 

 

 

保育園でも毎月1回から2回の避難訓練を行い、子どもたちと共に職員も毎回

様々な災害時について、どんな動きや声掛けをすれば良いか考え振り返っています。

お問い合わせ