保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 氷川台

いろんな動物に変身! &粘土やヒモ通し遊び♪

2019年9月4日

今日は室内で体操と机上遊びをしました!

体操では、子どもたちの大好きなダンゴ虫やお馬さん、やっこさんなど様々なものになって身体を動かしました!

 

保育者が「ダルマさんって知ってる?ヒトデって知ってる?」と子どもたちに聞くと

「知ってるよー!」と元気に言葉にし、変身するのを喜びながら取り組んでいました。

中でも、ダンゴ虫は人気で「ごろごろごろ~」と声を合わせながら室内を転がったり

仰向けになって手足をブラブラと動かしていました

↑ダンゴ虫が大きくなった様子をイメージしています…

「お散歩~♪」と言葉にしながら進んでいっていました。子どもたちの発想は可愛らしいですね

 

その後は、粘土やヒモ通しなど指先を使った遊びをしました。

上手に粘土を転がしたり、ちぎったりするようになってきた子どもたち。

型を用意すると、猫型の粘土に目をつけたりしてよりリアルに作り上げていました!!

沢山、かたどる子どもや、かたどったものを人形に見立て友だちと遊ぶ子どももいて

子どもたちの発想に驚かされてしまいました

色んな遊び方が出来るようになってきましたね

またみんなであそぼうね

お問い合わせ