保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 氷川台

職員の消火訓練!

2019年10月8日

消火訓練を行いました

 

 

本日は練馬消防署の方が来てくれて、職員に消火訓練をして下さいました。

調理室が火事になったという設定で、火元の発見から、119番通報のやり方、消火器の使い方まで丁寧に

教えて頂きました。

扉から煙が漏れている時は一気に開けずに、出来るだけ姿勢を低くして、ゆっくり扉を開けることで

バックドラフトしないと教えて頂きました。

 

木の根元を火元に見立てて、水の入った消火器で実際に放水しています。

 

調理室の火元に向かって、出来るだけ腰を低くして、ほうきではくように火を消していきますと、教えて頂き

消火訓練をしています。

第一発見者の先生が、消防署の方を相手に119番通報の訓練をしています。

 

火災警報器の仕組みについて教わりました。煙を感知すると赤く点滅するので、火元を探す場合は、

天井を見ることも必要だそうです。

お問い合わせ