保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 氷川台

たくさんの自然に触れたよ

2020年10月22日

今日は、少し離れた公園へ散歩に行きました。

横断歩道を渡る際に「手をあげようね。」と保育者が促すと、まっすぐに手をあげることが出来るようになってきた子どもたち。

道路は危ない、ということも散歩に行く中で少しずつ分かってきたようです。

公園へ着くと、切り株の穴に葉っぱを入れて料理ごっこや・・・

木の枝や石を使って地面にお絵かきも楽しんでいましたよ。

お友だちが遊んでいる姿を見て、「やってみたい!」と模倣をしながら一緒に遊ぶ姿も見られました。

赤い木の実を見つけると、指先でつまんで手の平いっぱいになるまで集めている子もいましたよ。

見つける物全てが宝物のようでした!

またいろんなものを探しに行こうね。

お問い合わせ