保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 氷川台

靴を脱いだり履いたり!!

2018年9月13日

少しずつ自分の事を「自分で~!」「〇〇ちゃんが!」と言ってやろうとしている子ども達☆

お散歩前には靴下を履こうとしたり、靴を自分で履こうとする姿が見られています。

お散歩後には、自分で脱いで下駄箱に向かう姿も ^▽^

戸外では、お友だちと手を繋いで歩くことも楽しんでいますよ♪

広場に着くと・・・

しきりに地面を指し「ん!ん!」と訴えてきた男の子。

何だろう??と見てみると・・・

この時期には、子ども達の人気者!どんぐりが埋もれていました!!

右手は拾う手、左手にはいっぱいのどんぐりを持って見せに来る子ども達♪♪

日々、子ども達は自然の発見を、私達は成長の発見を楽しんでいます!

 

お問い合わせ