保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 氷川台

自然の遊具!?

2018年10月2日

都民の森へ行くと、先日の台風の影響で倒れてしまった大きな木を発見!

木はかわいそうでしたが、せっかくなので色々観察してみました。

 

初めて見る木の根っこ。

ぽっかりと開いた大きな穴に興味津々です。

『僕は木のトンネルを通ってみるよー!』

身体を屈めながらゆっくり潜ります。

保育者に支えられながら幹の上に立つことにもチャレンジ!

すると、その様子をじーっと見つめるお友だち。

『ぼくたちもやってみるね!』と幹に掴まり、足を掛けてよじ登ります。

『みてみて!できたよー!』と嬉しそう♪

おもいっきり遊んだあとは、日陰にお引越ししてみんなで水分補給!

両手でコップを持って、お茶を飲むことも上手になりました。

今日は普段できないことがたくさん体験できて楽しかったね!

お問い合わせ