保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 杉並井草

水耕栽培その後②

2021年10月27日

5歳児クラスのカイワレ大根の育て方の説明を子ども達はよく読んでいたので、芽がでてきたら”明るい所に置く”という事を覚えて、暗い所から明るい場所へ移動をしていました。「明日の土曜日、日曜日お休みだから。」と心配そうな表情。

「少し水が濁ってきている。」と心配な表情の子ども達が進んで水を新しくかえていました。この日は休み前という事で今日は何回も水をかえていました。すると、、、休み明け

子ども達のおかげで、こんなに元気なカイワレ大根に育っていました。さて、、、「これからこのカイワレ大根をどうする??」という声が子ども達の中から聞こえてきました。そこで、、、、

子ども達同士で相談が始まりました。カイワレ大根の育て方を読んだ時に”辛い”という事を書いてあった事を思い出し、「赤と緑のカイワレ大根を食べ比べたい。」や「食べ方が分からないから調理の先生に聞きに行きたい。」などなど、子ども達から”これからどうしたいのか”という提案が出てきました。私たちも子ども達の提案に寄り添い、これからの活動に繋がっていけるようにやっていきたいです。

にじのいるか保育園杉並井草でした。

お問い合わせ