保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 小石川

消火訓練・救命救急訓練

2019年12月14日

 

発表会の後に職員は

小石川消防署署員による、消火訓練と救命救急訓練を行いました。

大きな消防車が園に到着・・・

 

まずは、お隣の公園にて消火訓練です。

オレンジのコーンを火元に見立てて、

訓練用の消火器を噴射!!

 

ポイントは、

安全を確認しつつ3~5メートルの距離から噴射。

その際、噴射直前に消火器の黄色いピンを抜くこと。

先にピンを抜きレバーを握ってしまうと、噴射が止まらなくなるとのことです。

どんな小火(ボヤ)で、自分たちで消火したとしても、

119番通報をして安全を確認してもらいましょう。

 

次は、お部屋での救命救急訓練です。

 

小児・乳児の人形でAEDと心臓マッサージの練習です。

身体の大きさによって、パッドを貼る位置が違うとのこと。

この、心臓マッサージ(+人工呼吸)・AEDの動きがスムーズに出来るかが重要です。

 

質疑応答では、

もしもの時を想定して、

こんなときはどうすれば・・・?

という疑問に答えていただきました。

 

開園時から行っている訓練も今年で5回目になり、

ほとんどの職員は手順を覚えていて、自主的に訓練に参加していました。

“もしも”の時はあってほしくないと思いますが、

その時は訓練を活かして、冷静に的確な行動ができるようにしていきます。

 

 

 

 

お問い合わせ