保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 小石川

鬼は~そと!

2020年2月3日

今日は2月3日、節分ですね。

園の玄関にもイワシの頭と柊を飾りました。

 

「節分ってなあに?」おうちでもそんな質問が出てきているのではありませんか?

節分とは、『季節を分ける日で、みんなが健康で幸せに過ごせるように願って、悪いものを追い出す日』です。

今日は保育園でも節分の集会をしました

 

園長先生が「鬼が苦手なものは何かな?」と、チクチクする柊の葉と大豆の枝

焼いた魚の頭を見せてくれました。

「くさーい!」魚の頭の匂いをかいだ子ども達、思わず鼻をつまむ子もいました!

鬼の嫌がる匂いで、おうちの中に入れないようにするんですよ

 

みんなが作った節分の製作の発表もありました。

 

うみぐみさんは、可愛い角を作りました

 

だいちぐみさんは、鬼の帽子です!

 

ほしぐみさんは、かっこいい角とトラのパンツを作りました

 

おひさまぐみさんは、豆まきの豆を入れる枡を作りました

さあ、お楽しみの豆まきです!

「鬼は~外!」元気な声で鬼を追い出します!

 

みんなで力を合わせて、鬼をやっつけました!

 

給食では鬼の顔をした“鬼バーグ”が出て、子どもたちは大喜び!

ご飯は大豆が入った炊き込みご飯。

午後のおやつには恵方巻きをイメージした、恵方巻きロールサンドでした。

 

鬼退治もして、楽しくおいしい給食も食べて、

今年も健康で楽しい年になりますね♪

おうちでも豆まき楽しんでくださいね

 

お問い合わせ