保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 小石川

トントントン (2歳児)

2021年9月29日

八千代町公園の大きな木の幹をトントン叩き始めた男の子がいました。

「何をしているの?」と聞いてみると。

「木のお医者さんだよ。」と教えてくれました。

 

木に耳を当て、何かを聞いているようでした。

 

木の根元をのぞき込んでいる男の子もいます。

何をしているのかな?と覗き込んでみると、、、

「くもがいるんだよ」と教えてくれました。

根元に穴が開いていて、中にクモの巣が張っていました。

 

砂場では、掘られた穴を見つけて入り、自分で砂をかけていました。

友だちも協力してくれ、

すっかり埋もれて満足した表情を見せてくれました。

子ども達は、公園で色々な発見、楽しみ方をしていますね。

お問い合わせ