保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 杉並松の木

子どもを助ける訓練

2021年12月17日

今日は、子どもたちが寝ている間に消防車が保育園にやってきました。

先生たちの訓練の為、消防隊員が来てくれたのです。

AEDを使った心肺蘇生の手順や実地訓練

全員が参加しました。

消防士さんがAEDを遠くに持って行ったり、電気ショックの時にわざと体に触っていたり、職員が気付くか指示できるか軽いいたずらテストもあったり・・・分かりやすく説明を受けたので、有事の際には力を発揮できることでしょう。こんな事態が起こらないことが1番ですが、「もしも」の訓練をいざ!というときに体が動くよう続けていきたいと思います。

 

お問い合わせ