保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 南葛西

鬼と福の神

2021年2月2日

本日は節分。
クラスでそれぞれ自分で作ったお面をかぶり、豆入れを持って豆まきを行いました♪

小さな子たちはまず節分の紙芝居を楽しみました。

幼児クラスの子たちは節分の由来クイズをしてから豆まきへ。

作り物の鬼へにこにこで「鬼は外!福は内!」と元気いっぱい投げる子どもたち☆
そこへ本物の鬼がやってきて・・・

笑っている場合ではない、と瞬く間に真剣な面持ちに!

頑張って豆を投げて鬼を追い出そうとする子もいれば、豆入れを投げ捨て走って逃げる子、豆を握りしめ隠れる子とそれぞれ。
しかし、とにもかくにもみんな全力でした!

なんとか力を合わせて豆をまき、鬼を追い出すと、どこからともなく雅な音楽が流れてきて・・・

なんと、福の神が来てくれました!!!
花やキラキラの福を舞い散らせてくれる神様に、頑張って鬼を外へ出した子どもたちはほっとして笑顔に♪

福の神が撒いてくれた花やキラキラは嬉しそうに拾い集め、お土産にした子どもたちでした。

お問い合わせ