保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 南葛西

見つけて、走って、しっぽを取って

2021年12月9日

青い空が広がるいい天気となった本日は寄り道しながらおすもう公園へ行きました。
鉄橋を渡れば「(木の上が)近い!手が届きそう!」「葉っぱ少ないね」「風で取れたんじゃない?」「見て、葉っぱ下に落ちちゃってる!」と、どうして木の葉っぱが少ないのかについて、意見を出し合って盛り上がりました。

おすもう公園の芝生ではミニコーンを決まった順にタッチしていく遊びを行いました。
何度か行ったことがあるので「あれ(スタート近く)の次はあっち(中間地点)で、さいごは遠くの!」とやる気満々。

最初は全速力でかけっこのように走っていた子ども達も、回数を重ねていくとマラソンのような走りに。
「あつい!」と上着を脱ぐ子もでてきました。
そして最後の方は「まだ・・・ハァハァ・・・できる・・・!」と息を切らしながらも楽しそうに走る子ども達でした。
素晴らしい体力です。

走った後は、しっぽ取りゲーム!
先ほどの走りで疲れているかとおもいきや、まだまだ元気いっぱい!

広い芝生広場を駆け回り、しっぽを追いかけたり、取られないように逃げたり、と笑い声を上げながら駆け回る子ども達でした。

お問い合わせ