保育日記

DIARY

みんなの遊々保育園

たなばた

2021年7月7日

今日は7月7日「たなばた」織姫と彦星が1年に1度、天の川を渡って会える日です

夏の夜、8時ごろに東の空を見上げると3つの明るい星が見られ

それらの星を線で結ぶと大きな三角形が・・・

「夏の大三角」と言います

ベガは織りひめ、アルタイルはひこ星にあたり

これらの星は7月7日ごろにいちばんよく見えることから

七夕の言い伝えが始まりました

「ばぁ~!」

トンネルの先には何があるのかな・・・

「見てみて~大きい星がつれたよ~!」

「キラキラ~!」

どこに星があるかな~?

お友だちと一緒にお部屋の中を探検

「ごはんまだかなぁ?」

毎日特等席でごはんの時間を楽しみに待っています

たなばたには素麺のイメージがあります

昔から中国では病を避けるまじないとして、

七夕に「索餅」と呼ばれる小麦粉などを練ってひも状にした

食べ物が食されており、これが変化してそうめんになったと言われています

そして「織りひめさまのように、はた織りやおさいほうが上手になりますように」

「織りひめさまのように願い事が叶いますように」と、

ささやたけに五つのいろのたんざくをかざるようになりました。

みんなのお願い事が叶いますように・・・

お問い合わせ