保育日記

DIARY

みんなの遊々保育園

自分を発見

2021年8月16日

ひとりあそびからお友だちとの関わりへ・・・

子どもの発達の目的のひとつは

「自分で考えて判断し、行動できるようになること」

いろいろなものと関わり

そこから自分自身で感じとり

知り、記憶し、想像し、

そして考えるように・・・

そんな体験を通して「自分」という意識が形成されていきます

「社会的参照行動」

やっていいか大人に確認するような行動も出てきます

そして少しずつ「自分」という基地ができ始めていく・・・

そこには「空間」や「人」

これらがとても大切な環境です

これからの関わりが益々楽しみです

お問い合わせ