保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 千石

5歳児 サイエンス教室

2021年1月18日

今日は理科実験教室でした!

今回は音や声の振動の不思議について実験をしました。

「音(声)が周りのものを振動させて伝わることを体験し、手作りした楽器をどう鳴らすか、おもちゃをどう動かすか子どもたち自身が発見していきました。
まずは、楽器の音の振動を感じてみよう♪

「なんかぶるっと震えた~!!」と、いつも使っている楽器での発見をしました。

 

次は紙コップで”鳴き声コップ”をつくりました。糸を引っ張ると音が鳴り、「カエルみたい~!!」と、夢中で遊んでました。

 

次は、紙コップで”声で動くおもちゃ”をつくりました。

声を出すと、モールで作ったへびがコップの上でクルクル動くのを楽しんでました。

 

子どもたち自身がどうやるのかよく考え、工夫してたくさん発見できました。

実際に作ってやってみることにより気付きが多く、他の素材ではどうなるんだろう?と、たくさんの不思議や意見がでました!!

またお家でもやってみて下さい♪

 

お問い合わせ