保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 千石

☆うみ組 離乳食☆

2021年7月5日

今日は離乳食の様子をお伝えします♪

中期食→後期食→完了食の順に提供しています。ミルクのお子様は中期食と同じ時間帯から飲み始めています。

ミルク、食事は担当制で行い、同じ保育者が提供しています。お子様ひとりひとりの理解、信頼できる保育者の元安心して食事やミルクが飲めるようにしています。

ミルクの時間になると、”自分の番だ”ということが分かり、担当の保育者が入ると笑顔で手を伸ばしてくれます。

ミルクをたっぷり飲んで大満足♪満面の笑みを見せてくれます。

 

離乳食提供の際は必ず担当保育者がメニューの読み上げを行い、確認後提供しています。

さぁ、ご飯の時間だよ♪

先ずは手を拭きます。きれいにしようね♪

中期、後期、完了とその時期に合った食材、大きさ、形状、固さ、味付け…等に配慮し調理しています。

食事の時間はそれぞれ15分程度を目安にしています。

始まったばかりの頃や、移行直後は慣れない姿も見られますが、個々のペースに合わせご家庭と連携を図りながら進めています。

中期食のお子様は、手づかみがしやすい様に工夫しています。今日のメニューには野菜スティック。

自分で野菜を掴んで口に運び、上手にかじり取っていました。美味しいね♪

「にぎにぎしてみようね。」「カミカミだよ。」と声を掛けながら援助しています。

自分で食べてみることが次のステップへと繋がります。

 

完了食のお子様は幼児食と同じようなメニューを提供しています。メニューも豊かになり、より食べることが楽しくなっています。

スプーンを持ったり、お椀を持ってスープを飲んだりと、食具を使用し、自分で食べてみようとする気持ちが見られます。

完了食になると朝、牛乳の提供も行っています。

月齢の差があるうみ組ではこのようにし、個々のペースに合わせ、進めています。

子どもたちが園での食事を楽しめるように今後もしていきます。

園での食事内容は写真にて玄関に掲示していますので、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

お問い合わせ