保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 千石

☆造形教室☆

2021年11月16日

たいよう組になって初めての造形教室でした!

久しぶりに、先生に会うと「あ!しん先生だ!」と満面の笑みを浮かべ、

手を振りながら喜んでいました。

 

今回は、一人ひとりボール紙に様々な素材を組み合わせて、

”自分だけの街”を作りました。

初めに、ボール紙にクレヨンで道を描きました。

 

 

 

 

描いているうちに隣の友だちと「くっ付けてみようよ!」と、

繋げて描く姿も見られました。

 

 

 

「こうやって進んでいくんだよ!」と、教えてくれました!

 

次は、ボール紙に空き箱を付け、ビルやお家作りです!

 

 

「箱をどうやってくっ付けたらいいかな?これだと落ちちゃうね!」との声に、

 

 

 

「うわー!落ちちゃうよ!」「大変!」と、大騒ぎ!

 

皆でどのように付けようか考えました。

 

工夫して、ボンドと粘土を使い付けてみると・・・

 

「くっ付いた!」と、驚いていました!

 

 

 

 

 

 

 

 

「これ付けようかな!」と、ストローやモール、リボン等、

様々な素材を選び、自分で考えながら付けていました。

 

 

「大きなビルがたくさん建ったよ!」

 

 

  

 

どんどん賑やかな街が出来上がってきましたね!

 

 

 

 

「机汚れちゃったね!でも、拭いたら大丈夫だよ!」

「先生の椅子も拭いておくね!」と、片付けも皆で協力して最後まで頑張りました!

 

 

イメージを膨らませながら、いろいろな材料を組み合わせていくことで

新たな発見も見つけ、それぞれ面白い作品が出来上がりました!

 

次回は、11月18日です。

全員のボール紙を繋げて大きな街を作ります!

完成が楽しみですね♪

お問い合わせ