保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 千石第二

【あか組】芋ほり、マナー講座、消火訓練

2020年10月29日

先週、今週と幾つかイベントがありましたのでまとめてご紹介したいと思います。

まずは22日木曜日に行った芋ほりから。

あらかじめ保育者が蔓を切っておいた畑で5人×3のグループに分かれてサツマイモを掘りました。

スコップなどを使うと芋が傷ついてしまうため、手で掘ったのですが意外と大変そうでした。

 

それでも一生懸命に掘り続け、サツマイモが出てくると子どもたちは大興奮。「焼き芋にしたい」とどんな食べ方をするか意見を出し合いながら盛り上がっていました。

すべてのサツマイモを掘り終えた後、新聞紙でくるんで給食さんに渡し、冷暗所で保管してもらうことになりました。サツマイモは熟成させると甘さが増すそうです。11月の誕生会の日のおやつとして、スイートポテトにして提供してもらう予定なので楽しみですね。

続いては26日のおやつ後に行った食事のマナー講座。小学校に向けて、食べこぼしを減らしたり、食事の際の正しい姿勢を知ってもらいたく行いました。

座る時の姿勢や箸、食器の持ち方を実際に確認しました。

最後は何故「いただきます」と言うのか、子どもたちに質問がありました。色々な意見が上がる中、あるお友達から「生き物を食べちゃうから」と答えがありました。

また、全くの余談で私事ではありますが、園で取れたサツマイモの蔓でリースを作った話を近所の方にしたところ、「疎開先で食べ物がなく、サツマイモの蔓でスープを作って飲んでいた」と話を伺いました。今はあまりご飯が食べられなくてひもじいという経験をすることはないと思いますが、これを機会に食べ物の有難さ、いつでも食べられる有難みを感じてもらえればと思います。

最後は避難訓練後に行った消火訓練の様子です。最初に消防士さんから消火器の使い方について説明を受けました。

消火器が重く、ホースも硬くて大変な場面もありましたが、頑張って消火訓練に取り組んでいました。

最後はポンプ車の前で記念撮影。

明日は園内でハロウィンの行事に参加する予定です。密にならないよう感染対策を取りながら一つずつ思い出を増やしていければと思います。

お問い合わせ