保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 千石第二

【あか組】発見と工夫がいっぱい(^^♪

2021年7月12日

もうすぐ梅雨が明けそうですね

今日はとても良いお天気で戸外は少し暑過ぎる程だったので、タライに水を入れてお部屋で水遊びをしました

カップや風船、おままごとの食器や石、チェーン等、色々な物を置いておくと自由に選んで浮かべたりすくったり…

「冷たーい!」「これ使って良い!?」と、暑かったので水に触れるのが嬉しそうでした♪

保育者がスズランテープを切って浮かべてみると、タライの水をかき混ぜたり、カップに水と一緒に入れて「ぶどうジュースになった~!🍇」と見せてくれたり……そこから「赤のスズランテープも入れてみよう」「じゃあ緑も!」と自分達で色を増やして楽しんでいました

カラフルなお料理も沢山出来ていますね

中には不思議な発見をした子も…!

水を入れたカップをそっとひっくり返して風船に乗せています…どうなるかな?

隣のお友達も興味津々(笑)

そ~っと手を離してみると…

「先生見て!」との声と共に嬉しそうな笑顔が♡

カップが風船にくっついて手を離しても水がこぼれませんでした!科学で言う“表面張力”の力ですね遊びの中でそれを発見するとは…子ども達のすごさを感じます

お友達の真似をしてみる子や、色鮮やかなパフェやジュースを作る子、

「下から見たら綺麗!」「ほんとだ!キラキラしてるね!」と友達と見せ合いっこをする子も

一人一人、遊び方や気付きが違って面白いです✨

「何個か凍らせてみる?」と提案すると「うん!」とすぐにボールやカップに水と石やテープを入れて持ってくる姿が

氷でもまた遊んでみたいと思います

お問い合わせ