保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 千石第二

【あか組】何に変身しようかな🎃

2021年10月13日

先日からハロウィン製作を少しずつ行っているあか組では、衣装も作ろうと言うことになり、お化けやカボチャ、魔女等、子ども達が思いついたものをカラーポリ袋で作り始めました

試しに、担任が袋を切っていると興味津々で見守り、「これで頭入るかなぁ…」と呟くと、「着てみてあげるよ!」と、サイズチェックにも協力的(笑)

首の後ろをテープで調節できるようにしていたので友達同士でまたまた協力✨

いくつかの形ができ、早くも試着♪

ポリ袋の色や、どんな形にするかは全て子ども達✨

袋が切りにくいのでそこはお手伝い…

「(子)私魔女にする!青色で!」

「(保)分かった!」

「(子)次僕!白でお化けにする!」

「(保)了解!ちょっと待ってね!」と次々に発注がかかります。

画用紙を使って、それぞれオリジナルの模様や表情を付けていますここからが個性の見せどころ

「ハートでハートを作りたい!」とハサミを器用に使って細部までこだわりを見せる子も

クラフトパンチで沢山の花型を作り、それを腰周りに貼ってベルトを表現する子もいましたよお洒落

お化け&猫に変身できたようです!

「マントが良い!」との声もドラキュラかな?

「先生撮って~」と、謎のポージング(笑)満足そうで何よりです

「魔女だからステッキ作った~!」

なるほど発想力の豊かさが印象的で、子ども達の頭の中にはどんな考えが広がっているのかと、覗いてみたくなりました

「まだ飾り付けたい!」「明日僕の形切るの手伝って~」「先生、私2つ(2着)作りたーい」等、色々な声があったので、楽しみながら進めていきたいと思います🎃👻

お問い合わせ