保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 千石第二

【あか組】味噌の味比べ 

2020年7月13日

給食さんが主体となって、おれんじ組の時に皆で仕込んだ味噌と

市販されている味噌で味比べをする機会を設けていただきました。

2種類の味噌をそれぞれ出汁に溶いて並べました。

右手が手作りの味噌、左が市販の味噌です。

色の違いにはすぐに気が付き、声が上がっていました。

手作りの味噌は茶色で市販の味噌は少し白っぽかったです。

 

まずは臭いを嗅いでみました。「お味噌汁のにおいがする」と良い匂いがすることがわかりました。

その後、実際に口にしてみると…色以外にも味が結構違うことに気付きました。

手作りの味噌よりも市販の味噌の方が塩味が強かったようです。

また、保育者もいただいてみましたが、手作りの味噌の方が味が複雑だったように感じました。

どちらが好きか聞いてみると、ほとんどの子が手作りの味噌の方が好きと答えていました。

とはいえ、どちらも美味しいことには変わりがなく、おかわりをする子もいました。

現在、給食の味噌汁は手作りの味噌を使用しているのですが、もうすぐなくなってしまうそう…残念。

その後、今度はどんなものを作りたいかリクエストを聞くと、

「ホットケーキ」、「ステーキ」、「焼肉」、「ドーナツ」、

「クッキー」などなどいろいろな答えが返ってきました。

今後も身近な食べ物に触れる機会を設けていきたいと思います。

お問い合わせ