保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 千石第二

サイエンス教室

2021年6月22日

今日はサイエンス教室でした

まずは袋に入った物を触ったり、臭いを嗅いだり・・・

「レーズンみたい」「梅干しの匂い」等さまざま(笑)

正解は「マロウブルー」というお花でした

水を入れて揉むと「紫色になった!」とみんな驚いていました

袋を切ってカップの中へ

先生にレモン汁を渡され、少し味見をしました

「すっぱーい!!!」とこんな表情に(笑)

良い表情ですね

そしてレモン汁をさっきの紫の水の中へ

こんな濃い紫になりました

次は『重曹』を味見してみると「あまーい」という意見が

重曹をいれていみると、なんとブクブクの泡が!!!!

  

一生懸命パチパチの音を聞いていました

みんな科学者みたいでした(笑)

次はパセリを水の中に入れて揉んでみる実験

グループで一袋でしたが、各グループで個性が・・・

「ジャンケンで揉む順番を決めよう」

自然に持った人から順番に・・・

みんなで一気に!!!

こちらもみんなで一気に!!!

水だけでは葉っぱは色が出ないことが分かり

 

今度はエタノールにパセリを入れて、温めると

緑色が出てきました

「葉っぱの色が無くなってきてる」

「なんだか水槽の中の葉っぱみたい」等の

発見もたくさん出てきました

先生の話をよく聞いて、考えて、やってみてがしっかり

出来るあか組さんはとても素敵でした

実験が大好きなあか組さんは、「もっとやりたい」と

意欲的な様子でした

また来月、お楽しみに

 

お問い合わせ