保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 千石第二

【きいろ組】パン粉で・・・ 

2020年8月26日

まだまだ、暑い日が続きますね…

朝、パン粉が入った袋を見せると、「なにこれ~?」と子どもたち。

「フワフワしてるかな?ザラザラしているかな?」と一緒に考えて感触遊びを始めました。

パン粉を袋から出すとパン粉が出る勢いに「うわ~~~!!!!」と興奮していました。

「ザラザラしてる~」や「パンの匂いがする~」と発見がありました!

高いところからパン粉を降らして「雨だ~~」と楽しむ様子も見られました。

少しずつお水を足していくと、さっきまでザラザラしていたのが、水を含みネチョネチョしてきました。パン粉が変化する様子に「なんで~~??」と不思議そうにしていました。

みんなで違った感触を味わい、触っていくうちにパン粉の粘土になりました。

「ピザ作ったよ」と教えてくれたり、たくさんコネてきれいなお団子のようにしたりして楽しんでいました。

その他にも、「たくさん水を入れたらどうなるんだろう」という声があったので水を足しました。

すると白く濁り「きもちわる~い」と言って触るのを拒んでいる子どももいました。

パン粉の感触遊びでは、様々なことを発見していた子どもたちでした

お問い合わせ