保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 千石第二

【きいろ組】なにができるかな?! 

2020年9月11日

いつも虫を見つけると、「せんせー!虫いたよ~!!」と嬉しそうに教えてくれるきいろ組さん。

今月の製作では、「トンボ」を作ることにしました。

作り方を子どもたちに伝えると、好きな色の折り紙を選び、真剣な顔でトンボの身体を作っていました。

出来上がると「せんせー!!こう~~??」と保育者に出来上がったのがあっているのか見せてくれました。

また、「せんせい手伝って~」と保育者の助けを求める子どももいました。

少しやり方を説明してあげると、クルクルクル~~と折り紙を丸くして身体を作ることが出来ていましたよ^^

今日は身体だけ作ろう!とお話をしていましたが、子どもたちがら「羽根も作りたい!」と

リクエストがありました。

なので、羽根も作ることに。

羽根はみんなでかわいらしく模様をつけました!!

子どもたちのそれぞれの個性が出ていましたよ!

  

トンボを作ると、図鑑を持ってきてトンボを見ている姿がありました。

 

トンボが出来上がるまで、あと少し!!

完成したら、廊下にみんなのトンボがたくさん飛ぶかな?

 

 

お問い合わせ