保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 千石第二

サイエンス教室

2021年12月6日

今日はおれんじ組で初めてのサイエンス教室でした

今日は浮き沈みの実験

トマト、バナナ、りんご、ぶどうを水にいれたらどうなるかな?

まずは果物を持って、重さを確かめました

「全部かるいよ~!」とおれんじ組の子どもたち

実際に水に浮かべてみると・・・・・

バナナ、りんごは水に浮き、トマトとぶどうは沈みました

「何で重さに関係なく浮いたり沈んだりするのかな?」と先生が問いかけると、「甘い匂いがするからじやない?」「皮がついているからじゃない?」と子どもたちから色々な意見が

 

糖度が関係しているそうです

 

次は子どもたちが自ら実験

全部同じ大きさの物体を水に浮かべてみます

アルミニウムやゴム、プラスチック、木の素材がありました

同じ木の素材でも浮く物と沈むものがあり、他の素材は全て沈みました

同じ大きさでも重さが異なるという実験でした

次は水にビー玉と醤油刺しを水に浮かべてみました

ビー玉は沈み、醤油刺しは浮いてきました

醤油刺しにナットを付けて、水をいれると魚が少し沈みました

            

最後はオリジナルの水槽作り!!魚と、ビー玉をペットボトルに入れて魚が動く

魚を描いたり、昆布を描いたりして楽しんでいました

色々な実験を自分たちで実際に行いながら、発見して試してみてを繰り返して学びに繋がっている様子です

お問い合わせ