保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 千石第二

初めての造形教室

2021年12月21日

今日はおれんじ組の初めての造形教室

しん先生に興味津々です

『自分の街作り』をしました

まずはクレヨンで道を描きます

ルールは二つ

①指二本のトコトコさんたちが通れる道にする。

②入口と出口にする。

これを守って自分の街を作ります

「海の道」「電車の道」「山の道」等自分たちで思い思いに道を描いていきます

各グループでそれぞれ個性が出ていました

道を塗りつぶしたり、くねくね道にしたり、分かれ道があったり・・・・

道が出来たら、ボンドと紙粘土を使って空き箱を付けていきます

ボンドと紙粘土が糊のかわりになることに驚いていました

箱をビルに見立てる子や、箱にペーパー芯をつけて煙突の家にしたりと様々でした

次は色付け

ボンドと絵具を混ぜ合わせて、好きな色に塗りました

「先生こんな色になったよ!」「この色綺麗」とたまたま出来た色にみんな大興奮でした

最後はみんなの街をつなぎ合わせて、『みんなの街』に変身しました

一人ひとりが自分の想像を形にして、じっくり遊ぶ姿が見られました

造形教室は形になっていてもいなくても、子どもたちが何かに興味を持ったり発見を楽しんだりするきっかけ作りになることを大切にしています。いろいろな経験が子どもたちの発想力の礎になることを感じました

お問い合わせ