保育日記

DIARY

にじのいるか保育園 氷川台

都民の森で遊んだよ

2023年11月24日

今日は異年齢保育の日。

ばら組さんたちは、たんぽぽ組・ひまわり組の子どもたちに、大好きなドッジボールを教えてくれました。

簡単なルールに変更し、転がしドッジボールを行っています。

ばら組の子どもたちは、年下の子にボールをすぐに渡してくれる優しい姿が見られましたよ。

「投げるんじゃなくて転がすんだよ。」

「ボールとってきてあげる!」等、頼もしい年長さんたちでした。

都民の森には柿がいっぱい落ちていて、遊びにも使いましたよ。

思い切りみんなで走って遊んだり、

たくさんの落ち葉を保育者に投げたりして、秋から冬にかけての戸外遊びを楽しみました。

上着のチャックを閉められずに困っている子がいれば、優しく助けてくれる姿も!

戸外遊びの時間だけでも、たくさんのかっこいい姿がありました。

お問い合わせ